前へ
次へ

医療脱毛でもしも打ち漏れがあった時は

医療脱毛を行うのは人の手で行われますので、きちんと範囲を囲うなどして丁寧な作業をしてくれていても、若干のズレなども出てきます。
各クリニックでももしも打ち漏れ、照射漏れがあった時の対応についての記載がありますので、予め呼んでおいて気になるときには問い合せてみましょう。
レーザーの当て漏れになりやすい部分は、やはり凸凹としていたり骨ばったような部分は起こりうる可能性があります。
もしも毛が固まって残っているようであればすぐさま電話で確認し、必要な対応を指示してもらいましょう。
照射後1~2週間後には抜けてくるのですが、不自然に残っているかどうか自分でも目で見て分かるはずです。
基本的には再度の予約を取って、打ち漏れの部分は再照射してもらう事ができるので安心して下さい。
その際の予約も優先的に取ってもらう事ができることが殆どです。
快適にお手入れを続けるために、医療脱毛後の肌状態は自身でよく観察するようにしましょう。

Page Top