前へ
次へ

海外におけるVRの医療現場での導入

日本国内では研究段階として実際の現場で取り入れる例はそれほど多くありませんが、米中では既に医療現場でVRを取り入れる動きが活発化しています。
VRと医療の関係は、VRが登場する以前から日本国内では大きなものになるとして、注目されてきました。
海外でもその流れは存在しており、様々なVRを通じて医療技術への応用が実現してきています。
臨床手術に対するシミュレーションを実践することによって、医師の育成率を高めることは、既に現実のものとなりました。
また、遠隔地量や実際の臨床手術での導入も、既に高い期待を寄せるものとなっています。
痛みに関するケアや、精神的な疾患における心理療法のツールとしての利用は、既に現場で利用されるようになってきました。
複数の導入例があることや、研究例が増えるにしたがってより多くの地域や医療機関での導入が期待されています。
地域での積極的な導入への期待が高まることによって、近い将来海外では導入されることが当たり前となる可能性が高いでしょう。

Page Top